seal

意外と知らない?実印のアレコレ

書類

重要な手続きのときなどに用いる実印に関しての知識があまりないという方もいるかもしれません。そういった方はどこで作ればよいのか、値段はどれくらいなのかということに悩むと思います。ですが、分からないことは販売者に尋ねればきちんと教えてくれますので、まずは相談がてら実印を販売しているお店にいくことをおすすめします。そこから、自分好みの実印を作っていけばよいでしょう。

実印は社会に出たなら作っておいた方が良いという方と、滅多に使う事のないものだから、必要になった時に作れば良いという方も居ますよね。なかには実印という単語そのものは知ってはいても、具体的にはどんなものだか分からないという方も居るのではないでしょうか。
実印は動産や車の売買、賃貸契約、遺言書の作成、保険金の受け取りなどに使用します。保険金の受け取りには実印を不要とする保険会社もありますが、基本的には大きな金額が動く際に使われるものだと思って頂ければ分かりやすいかも知れませんね。そんな大事な印鑑ですから、ただ立派な印鑑を用意しただけでは実印とは認められません。
住んでいる市区町村に印鑑登録を済ませる事で、初めて実印になるんです。よく勘違いされがちなのが、実印はフルネームで作る物だという事です。実印は、あくまでも印鑑登録を済ませた印鑑の事ですので、氏だけ、名だけの印鑑でも実印として登録する事は可能です。特に未婚の女性の場合では、結婚により性が変わる事が多いため、フルネームで実印を作成したとしても、結婚後は再度作り直す必要が出てしまいますので、必要な時が来たら作るか、名だけの実印を作ることをお勧めします。
印鑑登録を済ませた印鑑が実印ですから、既製品の三文判でも実印とする事は可能なのですが、大事な書類に押す判ですから、丈夫な材質を使用した、末永く使えるものを用意しましょうね。

実印の費用やその使用で注意するべきこと

大きな契約や商談に必要な実印ですが、いくらくらいするのだろうか、どこで作ることができるのだろうかと思うことでしょう。特に社会人になるというタイミングで親と一緒に相談しながら実印を1つ作成するかもしれません。
実印といっても基本的にはどんなものでもよいのですが、重要なときだけ使うだけにそれを悪用される危険があるということも思いにとめておくべきです。それでできるだけオリジナルな印鑑を作成することを意識します。近くに印鑑のお店があるのであればその点について尋ねてみることができるでしょう。フルネームでしかも手彫り、そしてケースが付いて1万円は超えてくるかもしれません。
もう少し節約したいということであれば、オンラインサイトを活用することもできます。そしてその作った印鑑というのはここぞという時に必要になるときだけ使用するようにして、普段の認印で十分のときにはわざわざその実印を使うのではなく、安っぽい大量生産の印鑑を使うようにして、多くの人の目に実印をさらすということがないように注意できるでしょう。
そして男性の場合は苗字が変わることがないので問題がありませんが、女性の場合は将来結婚によって苗字が変わるかもしれないということを意識して作ることができるかもしれません。フルネームでも苗字だけでも、そして下の名前だけでも実印は作ることができます。

実印は認印とは違います

実印というものは、普通の認印とは違います。また、使われる場面も違います。実印というものは、まず、市役所などに実印として届け出が出されています。したがって、市役所などで、印鑑登録証明書というものを発行してもらい、それと同時に提出することで、実印としての効力が発揮されるのです。
実印が必要になる場面はいろいろとあります。たとえば、賃貸契約などの保証人になる場合には、実印を押すことが求められます。この場合には、印鑑登録証明書も一緒に提出することになるのです。また、相続の場面でも、実印は必要になります。たとえば、預貯金などは、相続人全員の実印が必要になります。そして、もちろん、印鑑登録証明書も必要になります。預貯金などの相続について、相続人全員で協議したということを、実印で証明することになるのです。
その他にも、不動産の売買や譲渡、そして、名義変更の際などに実印が必要になります。実印というものは、認印とは違い、とても大きな意味があります。また、印鑑登録証明書といっしょになると、ある意味、契約などに同意したことになってしまいます。そんなことから、保管や取り扱いについては、十分に気をつけるようにしたいものです。また、むやみに使用するものではないといえます。

実印にできないものできるもの

大切な書類や契約時など実印の出番になると思います。そういうことから他の認印などと比較してもかなり凝ったものなどが実印に選ばれることが多いようです。幸運で縁起がいい実印というのも聞かれますが、実際にはデザイン的なものとしては特に規定はなく、実印として使用するための印鑑登録はできることになっています。多くの実印が他の認印などの印鑑と比べて難しい書体や画数がより多くなるような漢字を使ってい…

More Details

Pick up

TOP